Archive for 3月 2011


あれ?いないぞ!魚市場 -ビーニャ・デル・マル-

3月 31st, 2011

written by kuro

ここに来た理由は、魚を買って自炊をしながら海を見ること!!

飲んだくれていたアルゼンチン メンドーサから、チリ ビーニャ・デル・マルというところにやってきた。

チリのリゾート地と呼ばれるビーニャ・デル・マルは、12月~3月は避暑地として人が溢れるので4月が静かでお勧めとか。

期待していた以上に海岸沿いの景色が良く、街はきれいで落ち着く雰囲気だった。

ビーニャ

有名な日本人宿、汐見荘に泊まることにした。この宿の近くには茶色に少し黒色が入ったバカ犬がいるから注意だ。近くを通ると吠えてくるし、噛みはしないが飛びかかってくる。

宿のご主人がきれい好きだからなのか、部屋、シャワー、キッチンともに清潔で居心地が良かった。

ここではガラパゴス、ラパスで会ったのりさん、イグアスであった隆さんと再会。初日はのりさんの誕生日だったらしく、宿のみんなでワインを飲みながらケーキをいただいた。

のりさん達から前日に買ったというサーモンの刺身も一口いただく。うーむ、やはりサーモンの刺身は上手い。

そうっ!ここにはサーモンを求めて来たと言っても過言ではない。みんな魚市場にサーモンを丸ごと1匹買いに行って堪能しているのだ。

次の日の朝AM8:30起床で、一緒の日に到着したみんなで海岸沿いを歩いて20分ぐらいの魚市場に向かう。寝起きでみんなぼーっとしていたが、朝の海沿いの散歩は久々で気持ち良かった。

ほいで到着。

魚市場

魚市場と言ってもそんなに大きくはなく、入ってすぐに6露店ぐらい並んでいて裏手の港のほうで、取れたての魚が売られていた。

ウニ、ホタテ、アワビ、カラス貝、数種類のカニ、シーラみたいな魚に、メルなんとかという白身の魚などなどが置かれている。

あれ?サーモンは??

聞いて回るがどうやら無いらしい。一匹もいない。

意気消沈するカヨを横目に、カニやらウニやら変な魚を買ってその場で捌いてもらって魚市場は終了。

あとで聞いた話しだが、魚市場に置かれているサーモンはビーニャ・デル・マルで捕れるものではなく他の場所から来るらしいのだが、汚染か何かの問題で最近はほとんど無いらしい。

だいぶ残念。まあウニ丼が食べれるからいいかな。

魚市場の近くでは、ペリカンが漁師からおこぼれをもらっていた。

更にモアイ像のレプリカがこんな所に・・・。

ペリカン

これからイースター島に行く我等の気分を若干盛り上げてくれる。イースター島に行かないリョウマさんは、これがモアイ像だとはしゃいでいた。

汐見荘に戻ってちょいとのんびりしてから料理大会!!

ホタテにホッキ貝みたいのは、殻から身を取り良く洗ってみるが、砂が多かったので肝部分は取り除いて刺身にした。

でっかいカニは丸ごと塩ゆでして、白身魚は小麦粉を振って簡単にソテーする。

お米を炊いて、それではいただきますかな。

バキっと豪快にカニの甲羅を外して、でっかいツメの中の身を取ろうとするがとてつもなく殻が硬い!!

身はおいしいのだが、完全にハンマーでぶっ叩いて割るぐらいしか食べることができないほどの硬さ。なんとか割れたものだけを必死に食べてはみたがあんまりカニを食べたって気がしなかった。

更にウニも少しだけ手抜きをして水に浸したままにしておいたら味が悪くなってしまった。

まだおいしかったのはホタテの刺身に白身魚のソテーだった。あまり満足いかずに隠し持っていた日本のふりかけを白飯にかける始末。

やっぱ、お目当てのサーモンがいなかったことが原因か。

また魚市場に向かう気力は無く、パスタやリゾットを作ってのんびりと日々を過ごす。

一番楽しみだった時間は、夕日を見に行くことだった。宿から徒歩5分で海にでることができるので毎日ぼーっしに行った。

天気も良かったから余計だったのか、ビーニャ・デル・マルの沈む夕日はすごく正統派な感じがした。

特に雲がすごく色付く訳でもなく、徐々に空がきれいなグラデーションを作りあげて太陽が海面に映りながら沈んでいく。

慌ててカメラのシャッターをきる訳でもなく、素直に落ち着いて夕日が沈むのを見届けることができる。そういうのが一番好きかな。

ビーニャ

後はここでは特に何もしてないや。バルパライソの日帰りの拠点ではあったけど、カジノとかにも行かずにのんびりと過ごした。

セントロまでも20分ぐらいだったので連日散歩をしに行った。

これはビーニャ・デル・マルのシンボルなのか?よくわからんけど、いつも観光客が集まっていた。

ビーニャ

好きな海が近くにあったが、水温はとても冷たく泳げないのだけが残念だった。もう少し北に行けば泳げるとか。

ビーチにはのんびり海をただぼーっと見ている人、本を読んでいる人、デートをしている人、家族で遊んでいる人達が結構いた。

いい時間がここにも流れているよ。

ビーニャ

Comment » | 09.チリ

Back to top