ツインタワー&チャイナの町 -クアラルンプール-

written by kuro

こーんな、ショッピングセンターが結構あるクアラルンプール。

今日は、ちょいちょい観光しに行った日。

ショッピングセンター

立派なショッピングセンターはそんなに広範囲ではなく、ツインタワー周辺とそこから歩いて20分ぐらいの所に固まっているという感じ。

こんなショップも発見。

日本でも月刊の本をいつも買っていた、ナショナルジオグラフィックのショップ。

ナショナルジオグラフィック

なんとカフェも併設していたので、ちょっと驚いた。

宿の近くのPetaling Streetは、いわゆるチャイナストリートになっている。

そこに行くまでには、無駄に音楽がうるさいインドストリートみたいな通りがあったけど・・・。

俺らが行きたいのは、美味しい物が沢山あるというチャイナストリート!

天津甘栗っぽいのもあったよ。

チャイナストリート

早速、通りの入口付近で見つけた恭和堂というお店。

知っているかな?

恭和堂

ここは、美容に良いと云われる亀ゼリーの名店。

亀ゼリー

2人で小さいサイズの亀ゼリーをオーダー。

味を一言だけで表すならば、漢方の味・・・。

旨いとも、不味いとも言い難く、ただ体には良いのだろうとしか言えない。

チャイナストリートで発見したおススメは、ここでもやっぱり安くて旨いフードコートかな。

飲み物の持ち込みは、禁止だったけど。

フードコート

だいたい3リンギット(75円)~5リンギット(125円)ぐらいで、美味しく食べれる素晴らしい場所。

食事

こうやってアジアで安くて美味しいものを食べ続けていると、やっぱり日本って高いのかな?って思ってしまう。

1000円ランチが普通で、ワンコインランチ(500円)なんて安すぎるって思っていたもんなあ・・・。

日本に帰って、貧乏性になってなきゃいーけど。

給料も物価も違うのは、頭では分かっているんだけどね・・・。思わず、「高いっ」って体が条件反射してしまいそうな気がしている。

今度は列車で、クアラルンプールのシンボルに向かう。

最初はタクシーを多用していたんだけど、トラブルの少ない列車が楽ちん。

そうそう、クアラルンプールのタクシーには注意をした方がいい。

あまりの酷さに現地の人でさえ、適正な料金だけを置いて逃げ降りると言われていた数年前。

近年は、かなり状況が改善されたと聞いていたので、乗っては見たけどやっぱり苦戦した。

メーターをセットせずに高い料金を言ってくるし、

メーターをセットして走ってくれても、今度はお釣りを知らん顔でもらおうとする。

お釣りが足らないと主張すると今度は渋滞していたから上乗せだとか2リンギット(50円)意味の分からん追加をしてくる。

大した額では無いとしても、そのやり方が気に食わなかったから、大通りで口論をしたけど、ドライバーは一向に引かない。

結局、あまりのくだらなさに、どうでも良くなってこっちが折れる。

大人げなく、思いっきりドアを閉めてやったぐらい・・・。

そんなんだからタクシーに乗る時は、丁度で支払えるように細かいリンギット(マレーシアの通貨)を用意しておいた方がいいよ。

だから今回は、列車で移動。

辿り着いたのは、KLCC駅。

連結しているSuria KLCCショッピングセンターを通り抜け、左側の吹き抜けに出てみると高々とそびえる2つのタワーがお目見えする。

ペトロナスツインタワー。

20世紀の高層ビルとしては、世界一高く452メートルの88階。

ツインタワー

21世紀に入りすぐに抜かれてはいるが、ツインの高層ビルとしては依然世界一の高さを誇っている。

こういうブログなんかを読んでいると、世界一の高さとか、広さとか、最北端とか、最南端とかっていう表現が多く出てくるよね。

まあ、見た感想を感覚で表現をするのが難しくても、世界一とかの事実なら分かり易くて書き易いから助かるのかも・・・。

そんな世界一高いツインの高層ビルである、ペトロナスツインタワー。

地上階近くでは噴水ショーも行われており、ちょうどこの時期は世界ガス会議なるものがクアラルンプールで6月4日~8日まで開催されていたみたいでステージとかがあったりした。

ツインタワー

青や緑でライトアップされた噴水。ドバイの噴水ショーと比べてしまってはいけないけど、心が落ち着く色使いはきれい。

夜になると、ペトロナスツインタワーも昼とは雲泥の差の輝きを放つ。

昼のツインタワーは、まるでドイツによく見る重厚かつ細かく、シンプルだが美しい造りぐらいにしか感じなかったが・・・

日が沈み真っ暗になると、本領を発揮。

存在感のある2つの輝くクリスタルが、クアラルンプールの町を見守っているかのようにそびえ立つ。

明らかにクアラルンプールの夜景を、このツインタワーが劇的に変えていると思った。

ツインタワー

これはなかなか、素晴らしい。

Category: 42.マレーシア Comment »

Comments are closed.

Back to top