アジア人の良さ -ウブド-

written by kayo

クタの外資系チェーン店の多さや、欧米人達の盛り上がりっぷりにはビックリしてしまったけど、ウブドに来てからホッと一安心。

ウブド

この静けさ、伝わるかな?

ウブド

バリには昔から来たいと思っていて、特にウブドは旅に出る前、感性の素敵な人に勧められていた場所でした。

ウブド

町中のいたる所にそっと置かれている、色とりどりの花。

これはチャナンといって、神様に捧げるお供え物で、思わず踏んずけてしまいそうなくらい沢山あります。

本当にみんなが神様を信じて、大事にしてるんだな。

ウブド

これはお米を干してるみたい。

バリは田んぼがいっぱいだもんね。

ウブド

何やら真剣な男の子。

狭い小道で凧揚げをしてました。

見上げてみると、空高く舞い上がった凧の下には、木に引っ掛かった寂しげな凧達が。

バリの人達は子供から大人まで、凧揚げが大好きな様です。

ウブド

こんな専門店も何軒かあります。

子供達は自分達で器用にマイ凧を作ってました。

ウブド

今泊まってるのは、民家にホームステイする様な、ロスメンというタイプの安宿。

庭には草木や花々がいっぱいで、笑顔の素敵な優しいお母さんが、毎日丁寧に手入れをしています。

この宿は、タイで再会したばかりの大好きな旅人夫婦、バルさん&ミヨさんがとっても良いよとおススメしてくれました。(☆2人のブログはこちら⇒In The Planet Blue

沢山出会う旅人の中でも、「この人の旅のスタイル好きだなぁ」と思う人が何人かいるんだけど、そんな素敵な人達の2人。

『バリ島は行きたかったけど、今回はルートとお金と時間的に厳しいから、次の機会に取っておこう。あれ?中国から帰国すれば安いと思ってたのに、意外と航空券高いじゃん!どうしよう・・・。』

と悩んでいた私達に、絶好のタイミングで「バリ最高~♪」と天の声をくれ、Air Asiaパワーによる、東南アジアからの帰国チケットの安さに気付かせてくれた2人でもあります。

ウブド

部屋の前のバルコニーには、 お母さんが綺麗に生けてくれた花が。

常にたっぷりお湯の入った魔法瓶と、いつでも飲めるコーヒーと紅茶と、毎日違うおやつをバルコニーに置いておいてくれます。

それを持ってきてくれてる時に、いつも全く気付かない。

まるで忍者の様に、そーっと置いて、そーっと帰ってる様なのです。

この花も、ちょっと部屋に入ってすぐ戻ると、「あれ!さっきはなかったのに!」って感じであるんです。

「見て見て!この花綺麗でしょぉ~。ここに置いてくわね~。」って言ってくのもありなのに、邪魔しない様に、気付かれない様に、全部そーっとそーっと。

ウブド

入口の石像には、お花で髪飾り。

これも信仰の一部なのかもしれないけど、結局は神様を思いやる「思いやり」なんじゃないかな。

ウブド

微笑まし過ぎて、プッと吹き出しちゃう日も。

こういう感性や気遣いって、バリ人の良さでもあるけど、同時にアジア人だなぁとも思う。

アジア人て、こういう繊細でさりげない事ができる人種だと思うんです。

バリではその良さが溢れてて、アジア人の良さを改めて気付かせてくれる。

ウブド

朝食は24歳のさわやか青年プドゥが、毎朝色んなメニューの美味しいご飯を作ってくれます。

掃除も丁寧にやってくれるし、何度もお嫁か息子にもらいたい衝動に駆られました。

彼も忍者で、食べ終わった食器がいつの間にか消えます。

バルさん&ミヨさん、天の声、本当にありがとうございました~♪

ウブド

ウブドにはカフェやレストランがいっぱい。

ちょっと歩き回ると、こんなに眺めが良くて、風が通り抜けるお店も見つかります。

ウブド

予想外に綺麗でお洒落すぎるお店が多くて、最初は少し戸惑ったけど、ウブドの良い所はベジタリアン料理やオーガニック料理を出してるお店が多いこと。

ヨガをする人達も多く訪れるから、全体的に健康意識が高いみたい。

ウブド

ジンジャーティーで体を温めたり、新鮮な野菜をモリモリ食べたり。

野菜も甘くて美味しいんです。

ウブド

数あるオーガニックカフェの中でも、いつも沢山の欧米人で賑わってるのがこちらの「KAFE」。

あまりに大人気なので、どんなもんか入ってみました。

ウブド

どの料理にも野菜がたっぷり入っている様だけど、私は写真左のボウルいっぱいに入ったサラダを注文。

実際に来ると、あまりの大きさにビックリ。

でも中の方はほとんどレタスだったので、意外に1人で食べれちゃいました。

右のクロさんが頼んだカレーも、野菜で具沢山な事になってました。

今の私達にはちょっとお高めなのでこれっきりになったけど、味付けも上手で美味しかったです。

ウブド

ウブドでする事といえば、ひたすらプラプラ散歩。

ウブド

ちょっと歩けば寺院があって、バリを感じる事ができます。

同じ通りには沢山のお洒落ショップやお洒落カフェが建ち並んでるけど、ちゃんとバリ色に溢れてるよ。

ウブド

おっかない顔してるはずなのに、不思議にフワッと心が和む。

バリに吹く風は柔らかくて、島全体をこんな優しい空気が包んでるのかな。

ウブド

この子はちょっとおっかなめ。

でも頭の上にはちょこんとチャナンが乗せられていました。愛されてるのね。

ウブド

宿に帰ってバルコニーでまったりしてると、庭に入って来た欧米人の女の子が、焚かれてるお香の香りに気付いて、パァッと声を上げました。

「う~ん、良い香りがするわ!何の香り?お花かしら?あら、お香なのね。私この香り、とってもとっても大好きよ!」

まるでミュージカルに出演中の様な華やかさ。

そして「好き」を“Like”じゃなく“Love”で伝えちゃうあたりが、めっちゃ可愛いやんと思いました。

この素直でストレートかつ、表現豊かな感じは欧米人の良さだよなぁ。

アジア人らしく忍者な宿のお母さんとは対照的だけど、こんな気持ちの表し方も素敵だね。

人を喜ばせる方法、想いを伝える方法って、正解・不正解なんかなくて、色んな形があるんだなと気付かされるウブドライフです。

Category: 43.インドネシア Comment »

Comments are closed.

Back to top