バリ島ともお別れ -スミニャック-

written by kuro

夕日に照らされた、赤ちゃん。

赤ちゃん

バリ島での最後の夜。

明日はクアラルンプールに戻り、2泊だけして遂に日本へ帰国となる。

この旅で一体どれほどの場所に、別れを告げて来たのだろう。

でも、今までとは明らかに違う。

別れが、妙に名残惜しい。

贅沢な旅だったので、どれほど気に入って愛着が湧いた場所があったとしても、俺らには次の楽しみな場所が必ず待っていた。

でも次は、帰国の為の中継地点でしかない。

日本があるでしょ?

そりゃあ、日本に帰国するのは楽しみではある。

久しぶりの日本に足を踏み入れた時、何を思うのだろうか?

だけど、日本は新しい未知なる国ではない。

見たことのない何かを発見したり、テレビでしか見たことのない景色を実際に目の当たりにしたり・・・

そんな夢のような時間の中に、ずっと居続けていたんだ。

そろそろ・・・、少なからず今よりは同じ事を繰り返す日々が待ち受けている。

朝起きて、電車に乗り、仕事をして、同じ家に帰ってくる。

幸いビジネスライクの人間ではあるので、仕事をするのは楽しみでもある。

でも、やっぱり旅の終わりを名残惜しくは感じている。

「もう、旅が終わっちゃうんだよ。」

2人で話すそんな言葉にも、何故か心はフワフワして実感があるのか、ないのかよくわからない。

帰国までの残り3日間で、もっと現実を見始めるのかなあ・・・

あと少しだけ、異国の雰囲気を楽しんでいてもいいよね。

赤ちゃん

光の中を元気に歩き回る赤ちゃん。

お母さんは、少し離れた所でちゃんと見守っている。

海外ではこういう距離感をよく目の当たりにしたっけ。

乳幼児とはいえ、少し離れて見守る。

乳幼児とはいえ、海に顔をつけさせたり、泳ぐ素振りをさせてみようとする。

この辺の距離感は、日本とは一線を画している気がした。

おやおや、波にさらわれちゃいますよお。

赤ちゃん

流石に波の届く所では、お母さんがピタリと寄り添う。

それでも、楽しそうに遊んでいる赤ちゃんを、その場から連れ去る事はしない。

お母さんと赤ちゃん

海が怖くはないんだね。

一度も泣いている様子は無かった。

横では嬉しそうに笑いながら、赤ちゃんを見つめ写真を撮っているカヨ。

あんたも、好きだねえ。

犬

ワンちゃんもね。

そんなバリ島の最後の夜は、一番おいしかったと思えたレストランへ。

4人で行ったサテ・バリ。

全く同じ席が空いていたので、今夜はそこに2人で座る。

今回は赤ワイン。

サテ・バリ

料理は前回と同じミックス(魚と肉)のコース。

ここの前菜が本当に美味しいんだよなあ。

バランスと味付けが絶妙。

今夜はのんびりマイペースに、時には無言でワインを飲みながら浸ってみたり。

無言の時間も共有できるパートナーがいるのは本当に素敵な事。

いつの間にかワインも無くなり、心地よいフワフワ感と大満足していた2人。

「旅に出て良かったなあ。」

旅に出た事も、もうすぐ旅が終わる事にも、ちゃんと満足できている。

いい時間を過ごしている。

夕日

Category: 43.インドネシア Comment »

Comments are closed.

Back to top