韓国料理に助けられてる -ブエノス・アイレス-

written by kuro

長旅をしていると、どうしても体に合うものが食べたくなる。

数か国をまたがって旅をしている場合、ふと見つけてうれしいのが日本食レストランではなく、コリアン(韓国)レストランな気がする。

何を頼んでも前菜としてはあまりにも多い小皿がでてきて沢山の野菜が摂れる。旅の疲れの中、辛いものが体を活性してくれているような感じ。

二人とも辛いものが好きってのもある。韓国人においしい店に何度も連れていってもらった経験があるからかな。

海外での日本食レストランの店は値段があきらかに高く、残念ながら味がいまいちのところがすごく多い。中華料理は大体辛さ控えめの似たような感じで、本当においしいと思える店に出会える確率が低い。

しかし、韓国レストランはどこの国でも韓国人の味にこだわり、おいしくて安い店が結構多い。大きく期待外れだったのは、クスコの韓国レストランぐらいだったかな。

ニューヨークでの大雪の中でも、体が温まる豆腐チゲがすごく楽しみだった。アメリカではハンバーガーには飽き飽きしていたし。パタゴニアのたかが辛ラーメンを提供しているだけの店を見つけただけでうれしかった。

そして自炊用のインスタントラーメンまでも、毎日でも飽きもせずにあの辛さにホットする。なので見つけると買い込む。

コリアンインスタントラーメン

一番左が超おススメのノグリラーメン、真ん中の上段が誰もが知る辛ラーメン、実は一番辛いと思われるトゥンセラーメンが一番右の下段。

コリアン達はさらにキムチをいれて辛くした食べて、スープにご飯をいれてお腹一杯に召し上がる。

これが本当においしいし、自炊生活では最高に簡単に満足して食べられる。どの国にでも韓国人が食材を売っているスーパーがあるから入手がしやすい。

ここブエノス・アイレスにも、韓国人街が存在しており、食材入手においしい韓国料理が安く食べることができる。

ちょっとセントロから離れているのと、その近くに治安が最悪なボリビア人街があるというのがネック。

なので道を間違えずに、できるだけ誰かと一緒に行くことが大切なのかもしれない場所。

おれらは、プーノ、ウユニで出会ったヨシさんとブエノス再会を期に韓国料理の食べ放題の店にでかけることにした。

一度二人だけで行った時は、昼間に冷麺をさくっと食べて帰ってきたが、今回は夜に3人で行くことにした。

集合をPM5:00にしていたので、それまでは二人でヒョコヒョコと近くを観光にでかける。

プエルト・マデーロ地区は宿から20分ぐらい歩いたところにあり、港近くのおしゃれな街。

そんなに興味は無かったが、数人の宿泊客からもおススメされていたので足を運んでみたものの、あまりの良い天気に急に二人とも眠くなりすぐにカフェに入る始末。

それだけ穏やかでのんびりした気持ちの良い場所だったってことかな。気分転換におしゃれなカフェで、船を見ながらティータイムを楽しむにはいい所という印象。

飲んだのはビールだったが・・・。

プエルトマデーロ

近くにはおしゃれなレストランも並んでいた。アルゼンチンで最高級な牛肉を食べれるというレストランもここにあったが、ちょいと高めだったので今回は我慢。

ぼーっとしていると、あっという間に時間は経ち、待ち合わせしている5月広場に急ぎ向かう。

5月広場は、あのケチャップ強盗でも有名な場所なので後ろに人がくるとちらっと目を向けるようにはしていた。

ピンクの建物の大統領府前の騎馬像近くが待ち合わせの場所。

大統領府前

騎馬像は、アルゼンチン国旗の創始者のものらしい。近くには結構人が居て、待ち合わせをしている人、のんびり本を読んでいる人、ちょっと怪しそうな人も確かにいた。

確信も無いのに怪しいと疑うのは気が引けるが、時には警戒は必要だと思っている。

数日前、明らかに人の持ち物を物色している3人組と目が合ったぐらいだし。ここブエノスはそういう場所でもある。

この日は何事もなく待ち合わせしていたヨシさんと合流。

久々の再会にワイワイ騒ぎながら、うらやましすぎる南極の話しも聞きながら一路韓国街へ向かう。

5月広場から20分以上E線の地下鉄に乗り、Medalla Milagrosa駅で降りる。

10分ほど歩き、韓国食材を買った店でおいしいおススメレストランを聞くと、すぐに教えてくれたので迷わず入店。

1人72ペソ(1400円ぐらい)で焼肉が食べ放題!!

そして・・・。

あっというまに、20種類以上の小皿が並ぶ。これがどれもおいしいんだなあ。

韓国やきにく

まあ食べ放題の店だけあって、一皿一皿のクオリティーはそこまで高くはないが充分おいしく満足できるものだった。

焼肉は・・・。

最高ですっ!!ニンニクと一緒にタレに漬けてあったアルゼンチン牛肉は本当に柔らかく、かなりおいしい。

申し訳ないけど、アルゼンチンのステーキより、アルゼンチン牛を漬けた込んだ韓国焼肉に軍配が上がる。

足りなくなった小皿はおかわりできるし、焼肉を散々堪能し、ビール、ソジュ、マッコリとずいぶん気持ち良くアルコールを飲んでしまった。

海外に居るけど、言葉が簡単に通じる気が合う日本人と飲むのもたまには楽しい!!

飲み足らず、セントロ近くに戻り今度はワインを飲む。

こんな日もたまにはいいでしょう。アルゼンチンで日本人と韓国料理。まっ、たまにはね。

短期旅行者は、迷わずアルゼンチン料理だけを食べてほしいけど、長期旅行者には一応ここの韓国料理はおススメです。

【ハングルで名前は判らず】大きな看板の下にCOREA Restoranteと書かれている。

Medalla Milagrosa駅の出口を右に行く→Eva peron2100で左折→Carabobo通りを10分ぐらい真っ直ぐ進み→Carabobo1600を右に10メートルぐらい歩いたところ。

住所:Carabobo y Saraza 2135

キムチに、野菜に、焼肉にたらふく食べたのに翌日はお腹がすっきりしていた。

韓国焼酎ソジュ&マッコリのおかげか?それとも単にキムチと野菜?

こんな感覚は久しぶり。

どうやら体も喜んでいるようだ。ブエノスを去る前に、またここのコリアンレストランに行こうと決めた。

Category: 07.アルゼンチン Comment »

Comments are closed.

Back to top