日本人の住みやすい町 -デュッセルドルフ-

written by kuro

ライン川を横目に、パリから一気にドイツのデュッセルドルフに到着。

ライン川

そういえば、ちょっと前に同期のフキちゃんも素敵な奥さんを連れて、ドイツ含めて新婚旅行に来ていたなあ。

ドイツ人だらけの環境の中にに行ってみたいとかだったっけな。前の会社の資本がドイチェポスト(ドイツの郵便)だったし、ドイツ人の同僚も居たし、旅先で出会ったドイツ人は、みんな英語がしゃべれるし、フレンドリーでみんながみんな印象が良かったなどなど、何かと親近感のある国だった。

たぶん、安心して楽しめるだろうな。

ドイツと言えば、やっぱりビールに、ソーセージ。それから、BMW、アウディー、ベンツ、ポルシェにワーゲンという名だたるドイツ車。

サッカーでも見ることができる、フィジカル、メンタルの強さ、組織力に、堅実で昔からとても知能の高い国。

実際に、滞在できることを楽しみにしていた。

とりあえずは、やっぱりビールでしょっ♪

到着が遅かったので、近くのスーパーで買ってきただけなのだが、やっぱりビールが安い。

水より、ビールのほうが安いぐらいで、0.5Lのビンビールは、100円もしない。安いものは50円ぐらいで売っている。

この日買ってきた、イチゴのヨーグルト2個、ビール0.5Lの2種類、水1.5Lを2本で、合計3.8ユーロ(450円弱)。

ビール

ベッドに転がりながらグビグビといただく。もちろん、発泡酒なんぞとは違うし、味わい深くておいしい。

おれは、基本的に、辛口のビールを好み、またダークビールも好きだ。

割とお腹いっぱいになるので、3杯ぐらいジョッキでビールを飲むと、他のお酒に切り替えることが多い。

カヨもビール、焼酎、ワインと飲めるので、旅先でも一緒に飲むことができて楽しい。こういう事も、大切なことだろうな。

幸せなもんだ。

呑気に二人でビール飲みながら、ふとテレビをつけるとサッカーが生中継していた。

ん、よく見ると・・・。ワールドカップ、準決勝、スウェーデン女子 対 日本女子!!

すげえな。しかもドイツで試合してるんじゃん。申し訳ないが、全く知らなかった。

到着した日に、ビール飲みながら最高のタイミング!

試合は、1点先制されたものの、3点も取って逆転勝ち。ワールドカップ決勝進出。鳥肌が立った。

ワールドカップで、決勝進出。女子サッカーが強いのは知っていたが、これほどまでだったとは驚いたけど、本当におめでとう。

ぜひ優勝してほしい。

現地ドイツの実況で、どうしても印象に残ってしまったことがある。

実況を聞いてだけいると・・・。

「サバ、サバッ、サバーッ。」

魚・・・?

映像を見てみると・・・。

日本女子の圧倒的エース、澤 穂希選手の事じゃねーかあーっ!!明らかに、サバになっている。

「ワ」という言葉がドイツ語には無いのかな?調べてはないけど。

逆転のゴールを決めると、さらに実況は大盛り上がり。

サバッ、サバッー、サバッー、ザバッー!! 誰?

思わず笑ってしまったが、楽しい一時だった。こんな時に、知らずにドイツに居るってのも不思議なもんだな。

翌日、朝からフロントのおねーさんが笑顔で声をかけてくれた。「サッカー、おめでとうっ!!」って。

「次も勝ってね!!」って。

すごく日本を応援してくれていた。「そういえば、ドイツ女子は?」って聞くと。

「準々決勝で、日本に負けたのよ。だから、日本が優勝しなければならない。」ってさ。

あらま、そうだったのか。なんだかスイマセン・・・。

スーパーに行っても、英語もしゃべれないドイツ人のおばちゃんが、ジェスチャーしながらサッカーのことを伝えてくれたりと、ドイツの人達が負けた事に悔しさを滲ませているより、ドイツに勝った日本女子を心から応援してくれているのがなんだかとてもうれしかった。

現地にいるからこそ、肌で感じることができたドイツ人の素敵な部分だった。

そうそう、ここデュッセルドルフは、多くの日本企業が進出している影響で、すごく日本人生活者が多い。

中央駅近くの、Immermann-stなんかを歩いていると、スーツを着た日本人サラリーマンがぞろぞろと歩いている。

そう言えば、おれもこんなんだったのか・・・。と、すぐに忘れてしまう過去の事を少し思い出してみたり。

この通りを見渡すと、あるわ、あるわ。日本語の文字が。

ツアー、本、寿司、おにぎり、ラーメン、クリーニングなどなど。今まで訪れた都市の中で一番多いんじゃないかな。サンパウロも多かったけど。

それだけ、日本人生活者が多い町ってこと。

もちろんこんな時ぐらいはと、色々な種類のおにぎり、アンパン、お寿司、ラーメンを食べた。日本食も、ミュンヘンでの自炊の為に、たくさん買い込んだ。

値段はもちろん少し高いが、味は普通においしい。

長い世界一周旅行中で、一番見つけてうれしかったのは、本屋にずらりと並ぶ【地球の歩き方】。

色々ネットで調べたり、コピーをしてきたりはしていたが、やっぱり一冊あると助かるんだよね。

下調べが少なかった中欧編の地球の歩き方を、日本の2倍弱ぐらいの値段で購入した。重要度を考えると全然高くない買い物!

デュッセルドルフ

駅の近くには、でっかいきれいなドイツ郵便の建物を発見した。

ちょくちょく、ロゴ付きの車も見かけたよ。

ドイチェポスト

歩いていてすごく感じたのは、この町はどうやらすごく日本人にとって住みやすい場所のようだった。

赤ちゃんをベビーカーで連れて、一人で歩いて散歩をしている日本人女性を何人も見かけたし。

ほとんど、日本と同じように生活できるんじゃないかな。

そんな場所だったので、長い海外旅行生活にはちょうど良く、一息つくことができた。

ドイツ人もみんなやさしいしね。

同じワンコを、6匹も連れたおばちゃんが写真撮らせてくれた。

わんこ

われながら、ポーズが気持ち悪い・・・。

Category: 15.ドイツ Comment »

Comments are closed.

Back to top