■リトアニア ■ラトビア ■エストニア ■フィンランド 宿情報

リトアニア

2011.9.14〜20 滞在 1リタス=30円・1ユーロ=110円

−ヴィリニュス−

Guoda Apartments

グオダ アパートメント


料金 :35ユーロ/3,850円 (1部屋分)

ベッド:ダブル

宿泊日:2011年9月14日〜(3泊)

居心地:★★★★☆


■場所:Raugyklos 19-3, Stepono8-11. バスターミナルから徒歩10分程。

■TEL :+37067088846

■食事:無し

■設備:トイレ&ホットシャワー(室内)、床暖房、液晶TV、テーブル&イス、キッチン(冷蔵庫、電子レンジ、湯沸かしポット、食器&調理器具完備)、洗濯物干し、ドライヤー、アイロン

■ネット:有線LAN

< メモ >

Booking.comから予約。アパートメントなのでフロント等はないが、ちゃんと連絡しておいた時間ぴったりにオーナーが来てくれた。最初に宿泊料を全額払い、チェックアウトの際はまた指定した時間に来てくれる。オーナーのおばちゃんは英語はほとんど通じないけど感じは良い。道路に入口の門が面していて、その中の敷地にいくつか住宅がある造りになっている。なのでとても静かで落ち着いた雰囲気。部屋は新しく綺麗。広くはないけれど、白を基調とした内装で気持ち良い。収納も多く使いやすかった。タオル交換&掃除はなし。洗面所のタオルかけが温まるので洗濯物がすぐ乾いた。床暖房の優しい暖かさも良かった。キッチンは小さめだけど、必要な物は全て揃っていて使いやすかった。ヴィリニュスにしては高めの宿だけど、とても快適に過ごせたので良かったと思う。バスターミナルもすぐだし、スーパーや見所へも全然歩いて行ける距離なので楽だった。


−シャウレイ−

Youth Hostel in Siauliai

ユース ホステル イン シャウレイ


料金 :57リタス/1,710円 (1部屋分)
    ※学割価格・元は60リタス

ベッド:ツイン

宿泊日:2011年9月17日〜(3泊)

居心地:★★★★☆


■場所:Tilzes str. 159. バスターミナルからTilzes通りに出て、左にひたすら真っ直ぐ。徒歩10分程。

■TEL :+370 41 52 37 64

■HP :http://www.jnn.svako.lt/en/

■食事:無

■設備:トイレ&ホットシャワー(共同)、暖房(この時は使えず)、テーブル&イス ※以下全て共同・キッチン(冷蔵庫、湯沸かしポット、食器&調理器具完備)、ダイニングスペース、TV、ピアノ、洗濯機(1回5リタス)

■ネット:無線LAN

■その他:目の前のバス停から十字架の丘へ行ける。

< メモ >

左記のサイトから予約。返事が来なかったので心配してたけど、行ってみたら普通に予約できてた。スタッフはあまり英語は通じないけど感じは良い。チェックイン時に学生証を見せると宿泊料が割引きされる。初日は宿泊者があたし達だけ。最初の2日は土日ですごい静かだったけど、月曜になったら朝から人が沢山やってきた。どうやら専門学校と一緒になってるホステルらしい。学生さん達はみんなフレンドリーで楽しかった。部屋は広くて清潔。セントラルヒーティングがあったけど、この時期はまだ使えない様で少し寒かった。ホットシャワーとトイレは男女別で各4つ程。宿泊者が少ないので混雑する事はなかった。キッチンは広く、ダイニングスペースもあるので自炊派には嬉しい。夜は廊下の電気も消され、夜中の学校の雰囲気でちょっと怖かった。結構寒くなってるのに、なぜか蚊が多かった。洗濯機を使うと物干し貸してくれたけど、暖房が使えないのでなかなか乾かず。駅から来る途中にはスーパーがあり、レストランもいくつかある。シャウレイの町と、この宿の居心地が思った以上に良かったので、予定より長居してしまった。場所もバスターミナルから道1本で分かりやすいし、十字架の丘までも目の前のバス停から行けるので便利。

ラトビア

2011.9.20〜22 滞在 1ラッツ=145円・1ユーロ=110円

−リガ−

Hotel Skanste

ホテル スカンステ


料金 :20ユーロ/2,200円 (1部屋分)

ベッド:トリプル

宿泊日:2011年9月20日〜(2泊)

居心地:★★★☆☆


■場所:Skanstes iela 9. バスターミナルからGogola通りに出て、通りを渡った側から3番のバスに乗車。K.ValdemaraとA.Brianaのバス停を降りて進行方向に進み、最初の横断歩道を左折。そのままひたすら真っ直ぐ進むと左側にある。スポーツセンターを越えたアリーナの向かい側。

■TEL :+371-67519922

■食事:朝食バイキング有り

■設備:トイレ&ホットシャワー(室内)、暖房(この時は使えず)、冷蔵庫、TV、テーブル&イス

■ネット:無線LAN(フロントのみと言われたけど部屋でも使えた。弱くてI Pod touchでは使えず。)

< メモ >

Booking.comから予約。部屋はとても広く、清潔で快適。頼んでないのにトリプルベッドだった。セントラルヒーティングがあったけど、この時期はまだ使えない様でちょっと寒かった。部屋は3階だったけどエレベーターはなし。wifiはフロントのみと言われたけど、部屋でも使えた。部屋の位置によるのかも。テレビをつけるとピーピー鳴っちゃうのが残念。立地は中心地から離れてて落ち着いた雰囲気。でも目の前のアリーナが日によっては試合などでうるさくなるらしい。朝食はシンプル。周辺は一見何もないけど、かろうじて小さいスーパーはある。レストランも少ないけど、バス停から歩いて来る途中にあった、オレンジの花のマークのお店は美味しかった。3番のバスは結構混雑するので、バックパックを持ってだと大変な時もあるかも。スタッフはそんなに感じ良くはなかったけど、特に問題なし。

エストニア

2011.9.22〜24 滞在 1ユーロ=110円

−タリン−

Dorell Hotel

ドレル ホテル


料金 :30ユーロ/3,300円 (1部屋分)

ベッド:ツイン

宿泊日:2011年9月22日〜(2泊)

居心地:★★★★☆


■場所:Karu 39. バスターミナルからTAXIで15分程。メーターで6.6ユーロだった。フェリー乗り場からは徒歩15分程。

■TEL :+3726664333

■食事:朝食バイキング有り

■設備:トイレ&ホットシャワー(共同)、暖房(この時は使えず)、TV、扇風機、冷蔵庫

■ネット:無線LAN(共同スペースのみと言われたけど部屋でも使えた。少し弱め。)

< メモ >

Booking.comから予約。中心地からは少し外れてるのであまり期待してなかったけど、部屋は綺麗で快適だった。ベッドは小さいけど寝心地は悪くない。セントラルヒーティングがあったけど、この時期はまだ使えず。共同のトイレ&シャワーは1フロアに3〜4つあった。バスタブもあって広々。掃除も毎日きちんとやってくれ、使ってないタオルまで交換してくれた。スタッフは英語も通じるし、とても感じの良いおばさんがいた。1階にバーがあり、そこが共同スペース&朝食会場となる。朝食もまぁまぁ充実してる。夜中、隣の部屋のおじさん達が酔っ払ってうるさい日があった。うるさいだけなら良いけど、女一人で泊ってたらちょっと怖かったかも。徒歩5分程の所にショッピングセンターがあり、大型スーパーが入ってて便利だった。食事もお惣菜などを買えたので安く済んだ。フェリー乗り場へは徒歩15分程で行けるので、ヘルシンキへ行く人には便利だと思う。

フィンランド

2011.9.24〜10.2 滞在 1ユーロ=110円

−ヘルシンキ−

Stadion Hostel

スタディオン ホステル


料金 :ドミトリー20ユーロ/2,200円 (1人分)
    ※YH会員は2.5ユーロ割引

ベッド:2段ベッド

宿泊日:9月24日〜(3泊)

居心地:★★★★☆


■場所:Pohjoinen Stadiontie 4. 行き方の詳細は【こちらのページ】を参照。

■TEL :+358(0)9 4778 480

■HP :http://www.stadionhostel.fi/cms/?ca=
tervetuloa&lang=2

■食事:朝食は別途有料(5ユーロ)

■設備:※全て共同・トイレ&ホットシャワー、暖房、テーブル&イス(室内)、ロッカー(室内)、ドライヤー、キッチン(オーブン、トースター、湯沸かしポット、食器&調理器具完備)

■ネット:無線LAN(共用スペースのみ)

■その他:プリントアウト1枚10セント、PC(日本語OK)

< メモ >

オリンピックスタジアムの中にある宿。料金は多分ヘルシンキの中では1番手頃。前々からここに泊ろうと決めていたのだが、2日前になるとどの予約サイトでも埋まってしまっていた。左記のHPから直接ホステルに予約メールをしてみたものの返事が来ず。ダメ元で当日直接行ってみたら、ちゃんと予約できていた。上手くメールが返信されてなかっただけらしい。やはり人気な様で、この日も入口のドアには「FULL」の紙が貼られていた。絶対予約していくべき。あたし達が泊ったのは、男女別の9人ドミ(2段ベッド×4+エキストラベッド)。シャワーも男女別で各4つ。トイレは各2つ。お湯は熱々で気持ち良かった。キッチンは1つの部屋にコンロ&流し台が3つある。宿泊者が多いので夕食時は少し混雑した。広いダイニングスペースもあり。スタッフも感じが良く、ヘルシンキの観光情報も親切に的確に教えてくれた。場所も2つのトラムの駅をを利用できるので便利。近くにスーパー等はないけど、中心地で買い物してくれば問題なし。部屋も妙に居心地が良く、ベッドも快適で毎日ぐっすり眠れた。


−ロヴァニエミ−

Guesthouse Borealis

ゲストハウス ボレアリス


料金 :58ユーロ/6,380円 (1部屋分)

ベッド:ツイン

宿泊日:2011年9月27日(1泊)

居心地:★★★★☆


■場所:Asemieskatu 1. ロヴァニエミ中央駅を出て左に進み、最初の横断歩道を渡る(ここに看板有り)。そのまま真っ直ぐ小道を上がって通りに出ると、すぐ右手にある。駅から徒歩5分弱。

■TEL :+358(0)16 342 0130

■食事:朝食バイキング有り

■設備:トイレ&ホットシャワー(室内)、暖房(使えず)、テーブル&イス ※以下全て共同・液晶TV、電子レンジ、トースター、湯沸かしポット

■ネット:無線LAN

< メモ >

Booking.comから予約。駅からは近いが、市内中心までは徒歩20分程。徒歩7分の場所に大型スーパーがあるので悪くない。オーロラ観測ができる場所へも徒歩10分程で行けるらしい。サンタクロース村へ行く8番のバスは中央駅から出てるので便利。部屋は綺麗で清潔だったけど、若干狭く感じた。セントラルヒーティングがあったけど、使えなくて寒かった。スタッフに言ったものの、原因が分からなくて直らず。道路に面してる割りには周辺は静かで良い。宿の裏には木が沢山生えていてリスが見れた。たまたまかもしれないけど、宿泊者のほとんどが日本人だった。スタッフは英語もOKで感じが良かったし、オーロラに関しての質問も快く答えてくれた。キッチンはスタッフ用のみだけど、簡単な料理なら頼めば使わせてくれた。でも嫌な顔をしてるスタッフもいたので、自炊は諦めた方が良いかも。


−ロヴァニエミ−

Sky Ounasvaara

スカイ オウナスバーラ


料金 :114ユーロ/12,540円 (1部屋分)

ベッド:ツイン

宿泊日:2011年9月28日〜(1泊)

居心地:★★★★★ Good!


■場所:Juhannuskalliontie. 市内からTAXIで15〜20分程。マクドナルドの前から乗って、メーターで10.5ユーロだった。

■TEL :+358(0)16 323 400

■食事:朝食バイキング有り

■設備:トイレ&ホットシャワー(室内)、サウナ、暖房、冷蔵庫、湯沸かし器(コーヒー&紅茶)、TV、テーブル&イス

■ネット:無線LAN(共用スペースのみ)

■その他:ホテル内にBAR、レストラン有り、ロビーにマッサージチェア、PC、プリンタ−有り

< メモ >

Booking.comから予約。市内中心部から3km程離れた自然の中にあり、屋上からオーロラが見えやすいというホテル。時期も早かったので、ダメ元で1泊だけオーロラ観測にチャレンジする事にした(結果は近々ブログで書きます)。綺麗で落ち着いた雰囲気。久々の贅沢な空間にテンションUP!部屋はもちろん清潔で快適。暖房は窓が温まる仕組みになっていた。照明はオーロラの為か暗め。せっかくなのでサウナ付きの部屋にした。好きな時間にゆっくり入れるし、オーロラ観測で冷えた体が温まって良かった。バスタブもあるので久々に汗をかけてリフレッシュ。朝食バイキングがすごく贅沢で美味しい。基本的なメニューが充実してるのに加え、数種類のマリネや、クッキーやドーナツなどのお菓子も並んでいた。パンだけでも何種類もあって嬉しかった。周りの環境は本当に自然。近くには湖が見え、キノコもいっぱい生えていた。車がないのでホテル内のレストランに行くしかなかったけど、ガラス張りで眺めが良く、料理もまぁまぁ美味しかった。スタッフの感じも良く、気持ち良く過ごせた。部屋に置いてある犬のぬいぐるみは、プレゼントと見せかけて有料なので注意。


−ユヴァスキュラ−

Omena Hotel

オメナ ホテル


料金 :85ユーロ/9,350円 (1部屋分)

ベッド:ダブル

宿泊日:2011年9月30日(1泊)

居心地:★★★★☆


■場所:Vapaudenkatu 57. 駅構内の店舗の裏側の出口から出て道路を渡り、Vainonkatu通りを進み、1ブロック目で左折すると右側にある。駅から徒歩5分程。ツーリストインフォメーションと同じ通りにある。

■HP :http://www.omenahotels.com/

■食事:無し

■設備:トイレ&ホットシャワー(室内)、エアコン、暖房、液晶TV、ドライヤー、湯沸かしポット、電子レンジ、コーヒー&紅茶セット、大ソファ、テーブル&イス

■ネット:有線LAN

< メモ >

本当はPension Kampusという宿をメール予約していたのだが、返事が来なかったので当日直接行ってみると予約できていないと言われてしまった。しかも満室で泊れず。仕方ないのでツーリストインフォメーションで宿を探してもらったが、丁度この時ユヴァスキュラでビジネスフォーラムをやっていた為、駅周辺の宿はほぼ満室状態。普段ならHotel Miltonが60ユーロで泊れたらしい。ホステルもあったが、駅から遠くアクセスが悪い上に、あまり安くなかったのでやめた。結局空室を確認して紹介してもらったのがこの宿。フロントはなく無人で、入口にあるモニター画面で予約&チェックインをするシステムになっている。指タッチで文字を入力するのが結構面倒だった。左記のサイトからも事前に予約できる。日によって料金が異なり、前後の日は5ユーロほど安かった。チェックインが16時と遅かったので、駅のロッカー(2ユーロ)に荷物を預けて観光した。玄関・フロア・部屋は、チェックイン時に発行された番号キーで入るシステム。入口はフロントもないせいか雰囲気が良くない感じがしたが、中に入ると通路も部屋もとても綺麗。設備も充実してるし快適だった。タオルかけが温まるので洗濯物もすぐ乾いた。並びにショッピングセンターがあり、中には大きなスーパーも入っているので便利だった。駅もツーリストインフォメーションも近いので動きやすい。部屋にある大きなソファはベッドにも変形するタイプだったので、頑張って3〜4人で泊れば結構安上がりになると思う。料金は高かったけど、思ってた以上に気持ち良く過ごせたので満足。


ページTopへ